ひっかき傷でソファがボロボロに!どうしよう

ひっかき傷でソファがボロボロに!どうしよう

ペットがソファをボロボロにしてしまった!

一緒に暮らしているとそんな経験を誰もがしていると思います。ペットの噛み傷やひっかき傷が広範囲に及んでいる場合、廃棄処分して買い替えを検討することが多いでしょう。


予算の確認:
廃棄するにも、新しいソファを購入するにも予算が必要です。新しいソファの購入や注文にかかるコストを検討し、予算内で対処できるか確認します。

新しいソファの選定:
新しいソファを選ぶ際には、ペットフレンドリーな素材や丈夫なデザインを選ぶことが重要です。傷や汚れに強い素材や、簡単にクリーニングできる仕様のものを選ぶと良いでしょう。

ソファの処分:
古いソファを処分する方法を検討します。地元の廃棄物処理センターやリサイクルセンターが提供するサービスを利用するか、家具を引き取る業者に頼むこともできますが、思っていたよりも高額なことも。

既存のソファを補修する:
新しいソファの購入と、古いソファの処分にかかる予算は考えている予算を上回っているかもしれません。そんな時におすすめしたいのが、既存ソファの張替補修です。

張地の金額とソファの大きさ、補修内容や既存品の仕様によって張替補修金額は変わりますが、おおむね元の金額よりも安いか同額程度には収まることが多いようです。新品同様に補修することもできるため、愛着のあるソファを使い続けられる利点があります。その際、ひっかき傷が付きにくい生地を選ぶとよいでしょう。

ファブリックであれば、目の細かい「ノルディウォーム」や人工のスエード「ウルトラスエード」、レザーであれば「レザーテックス」がおすすめです。

その他、気になる汚れを水だけで落とせたり、水洗いできたりと機能性生地も最近はたくさん出ているので、要チェックです。

また、張替補修という選択は、木のフレームを再利用することで廃棄を減らし、Co2削減・環境に配慮したSDGs観点でも注目されています。

しかしやはり新しいものを購入しなければならないこともありますよね。

そんな時は、自宅でカバー交換やお手入れがしやすいソファに買い替えるのはいかがでしょうか。

 

まとめ

■購入にも廃棄にもお金がかかる

■同額程度の費用がかかるなら環境配慮で張替補修という選択も

【日本最大級の椅子再生工場】株式会社エフラボ

【見積依頼フォーマット】株式会社エフラボ

■ひっかき傷に強い生地や、水だけで汚れが落ちる機能性生地がおすすめ

【生地サンプル申し込みフォーム】

■それでもやっぱり新しく買い替えたい!そんな時はカバー交換やお手入れしやすいソファをおすすめします。

【修理屋さんが作る工場直販ソファ】FMKsofa⁺

ブログに戻る